まあ偽物だろうがw

先週末、色々とドタバタがあってまた日曜日に出社して仕事してたり。
つっても、俺が何かやらかした訳ではなく、要は巻き添えと。
んー・・・どうも今年の巻き添え喰らい率、少々異常だぞ、おい。
何か前世の悪業の因縁でもあるんだろうか。
まあそんなわけで本日その代休を貰ったんだが、こういうときに限って雨という。
仕方ないので、今日は家でボーッとしていただけだったり。重ね重ねツイてない。

んで・・・昼にラーメン作って食ったんだが、
食った後でドンブリ洗ってたら、ドンブリの底に「大清乾隆年製」とか書いてあるのに気付いた。

画像


このドンブリ、俺が子供の頃から実家に転がっててたもので
その頃からコイツで普通にラーメンとか食ってたんだが、全然気付かなかったなあw
一人暮らし始めた際にくすねてきたんだが、オカンが嫁入りしてくる際に
実家から持ち込んできて、オカン自身もコイツで子供の頃からラーメン食ってたとか
聞いたことがあったような無かったような。

ちなみに、オカンの実家ってのもまたやたらと物持ちの良い家で、
付喪神が憑いてそうな代物がゴロゴロしてんだよね。
正月に毎年おせち料理入れてた重箱が、実はオカンの婆さん(つまり俺の曾婆さん)の嫁入り道具で
明治の頃から使ってると聞かされて驚いたこともある。
そんなところに昔からあったものだとすれば、マジに乾隆帝の時代のブツである可能性もあるかも知れぬw

とまあ、そんなわけで調べてみたわけだが・・・
一発ググってみただけで似たようなモノを持ってる人がゴロゴロ出てきたwwww
同じモノがヤフオクとかにも出品されているようだし、まあ昭和30年代くらいのパチモノだろう。
(それでも50年以上使われてる訳だから、コレはコレである意味骨董品と言えるかもw)

嫁入りで持ち込んだオカン本人、持ち込ませた爺さんに婆さん、
今ではみんな鬼籍に入ってるので確かめようも無いんだけどさ。
ともあれ・・・何かやらかして割っちまったりしない限り俺もコイツで普通にラーメン食い続けるとは思うけど。
ある意味親子孫と3代以上に渡って使われているというのは器にとっては一番幸せなのかも知れんね。

この記事へのコメント