ボヤキ半分トン畜生日記@漂流先

アクセスカウンタ

zoom RSS 王道を行くには人も金も必要なんだが・・・

<<   作成日時 : 2015/01/05 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

というわけで年末年始の休みも終わっちまって、今日からお仕事。
んでまあ・・・色々と話が流れてきたわけだが、
どうも今年から客先の組織改編があってだいぶ人数が減るらしい。
まあ、一大イベントだったシステム統合が去年に終わって
もうそんなに人も要らねえだろうという経営判断なんだろうが、
そのシステム統合やってる間に一時凍結されてた案件が今後バタバタと動き出すわけで、
兵隊の頭数はむしろ増やした方がいいのではと個人的に思うわけだが・・・

つかその・・・まあ、今まで統合関連でも色々バタバタしてたので
チェックが甘くなってた部分も今後うるさくなりそうだとも言われたんだが、
要はガチガチのウォーターフォールでガンジガラメにして開発しろって事になるかも知れんと。

・・・正直キッツいなあ。

いや、今までも建前上はウォータフォールではあったのだが、
実言うと、俺の場合今やってるシステムについては資料は少ねえし経験者は見たことねえしという
ナイナイ尽くしの状態を一人で回してる状態なので、
「作る前に何もかもガッチガチに設計して、後工程では原則としてそれを変更しない」なんて事は
実際問題として到底無理なんだわ、コレが。

結局どうしてるかと言えば、見積期間や要件定義期間とかの工数を多めに積んで
その間にクラッシュビルドしながらコアな部分をプロトタイピングして、
ある程度の技術的な目処が付いてから見積を出し、WBSに落としてスケジュールを組んでる。
当然、作ったプロトはそのまま実装に流用するんで、
要件定義の後の「概要設計」フェイズが始まる時点で実装も6〜7割方終わってる状態。
その後、枝葉の機能を追加しながら、「概要設計書」や「詳細設計書」といった
ドキュメントの方を後付けで作るという
「ウォーターフォールの皮を被った隠れアジャイル開発」になっていて、
結果から言えば、今までのところはコレがうまくハマって生産性もそれなりに高い数字出ている。
ま、C#とかJavaとかの言語特性もあるし、小規模なシステムを
現状ほぼ一人で担当してるからこそできる手であって、
いわば一種のゲリラ戦術みたいなもんだってのは自分でも分かってるんだが、
実際問題、このくらいやらないと要求された期間に間に合わせるのはまず無理。
コレを禁じ手にされて、ウォーターフォール手法の王道でやれと言われたら、
俺一人では間違いなく生産性ガタ落ちになる。

つかなあ・・・お客の理想が高いのはまあ分かるし、その姿勢も間違ってるとは言わないけど
王道を行くのであれば王道を行くための人数と装備(お金)が必要なわけで、
人も増やさないしお金も出さない。だけど王道でやれというのは自殺行為でしかないんだよな。
この辺を理解してないと、結局火を噴いてデスマ一直線という事になるのだがなあ。
つか、この辺の融通が利かない相手は得てして脳筋体質だったりもする訳で、
結局体育会系のノリで「一日16時間働けば2日分の成果が」
などとメチャクチャな事を言い出したりもするんだよな。
(過去にこのフレーズを真顔で言ったバカヤロ様を2人も知ってる。果たして両方とも大デスマであったw)
んー。今年最初だってのに、いきなり不安になってきたなあ。
今年の終わり頃、またデスマの炎に包まれて焼け焦げてなきゃいいんだけどな。

・・・いやはや、一体どうなりますことやら。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
王道を行くには人も金も必要なんだが・・・ ボヤキ半分トン畜生日記@漂流先/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる