自分が炎上でローストになってる気がw

何か熊本のレストランらしいんだが、ローストビーフをネット通販するにあたって
「年収2000万円以下の貧乏人お断り」等とキャッチフレーズを付けて、見事に炎上。
イタズラ以外に注文がないとかでちょっと切ない状態になってるようで。

いやその何つかそのあのこの。
そもそも「年収2000万」という閾値の基準がよく分からん訳だが、それはとりあえず置いとくとしてもだな…

年収1000万にも満たない俺もこの基準では立派な貧乏人なのでこんな事を言うのもおこがましいんだが、
ビーフジャーキーならともかく、ローストビーフは焼いたのをその場で切り分けてもらって
食うのが一番旨いのであって、この基準で「貧乏」でないクラスの方々であれば
大抵は行きつけの店があってそっちで食うだろ、JK。
もっとハイクラスな「大金持ち」という人種であれば自分とこでシェフを雇って作らす事も可能だと思うんで、
いずれにせよ、こういう方々の前にネット通販なんぞの出番はないと思うんだ。
この時点でどこか狙いがズレてるとしか思えないんだが、実際にWebサイト見てみたところ…

http://megalodon.jp/2014-1212-0907-03/roastbeef-kawazoe.com/(魚拓)

えーっと…その辺の胡散臭い情報商材のサイトみたいな作りだとか、
そういうのもとりあえず置いといて、(ツッコミどころを置いてばかりだけど)
いやはや「年収2000万円以上の方限定」とか「貧乏人」とか、ホントに書いてるよ。

…何だかなあ。

値段からして、本来のターゲットにすべき年収1000~2000万くらいまでの小金持ちにまで
わざわざ見下すようなことを言って喧嘩吹っかけて何がしたいんだろ。そりゃ、売れんわw
つか…仮にお金を持ってたとしてもこうまで下司な事言ってる人からは、俺は何も買いたくない。

炎上商法を仕掛けたはいいが、点火してはいけないところに火を点けて、
自分が火だるまになって、今や黒焦げ状態になってるとしか言い様がないな、こりゃ。
ローストビーフにされた赤毛牛さんがちょっと可哀想になってきたよ。
しかし、過去に色々問題発言かまして炎上させてる「ステーキけん」の社長なんかにも
同じ事が言えるんだが、炎上商法って確かに知名度は上がるけど
ヘタすると過去のやらかしまで発掘されたりして、悪名を高める効果しかないと思うんだけどなあ。

ま、今のところまだ突っ張ってはいるようだが、それも果たしてどこまで持つ事やら。
とりあえず面白がって野次馬は続けてみるとしますかねwww

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント