社員旅行に行ってきた②

郡山から会津までバスで移動したんだが、
まあその何だ…実はこの間、途中にPAでトイレ休憩した以外、ほとんど記憶がない。
言うまでもなく寝ていたからだったりw

新幹線でも寝ていたので「よく寝る奴だな」と言われちまったんだが、
つかその何だ…10/30の日記でも書いた通り最近ドタバタしていて
ただでさえ疲れが溜まってたところへ当日も朝早く行って他の連中の案内したり
社長とか偉い人たちの相手してたりしたせいか、マジに眠くてたまらんかったのよね。
んで…会津に着いて起こされたw

とりあえず、寝ていようが何だろうが腹は減る。飯だ飯だ。
というわけで昼飯は会津若松城近くの「わっぱ飯」。

画像


うますぎる!(CV:大塚明夫)

わっぱ飯だけじゃなくて他にも色々出てきて、特に「饅頭の天ぷら」は初めて食ったんだが、
最初衣越しに色だけ見て、椎茸の天ぷらかと思って食ったら甘くてビックリしたというw
思われるほどゲテな訳でもなく、普通にうまい。
まあ、東京でも普通に揚げ饅頭とか売ってるし、そもそも油と小豆餡の相性は良い訳で
組み合わせに尻込みしてる人も、一度はお試しくださいまし。

んで…お腹もいっぱいになったところで、会津若松城へ。

画像


画像


まあ何だね…最近、松山、宇和島と現存天守に立て続けに行ったせいか、
やはりこの手の1960~70年代の頃に鉄筋コンクリで再建された天守は色々と気になるところあるなあ。
ただまあ、外見だけでも再現されて、3年くらい前に瓦も当時に合わせて
朱瓦に葺き直したりとかしてるしで、まだ色々頑張ってるとは言えそうだが。

ちなみに、松山や宇和島の時にジミー加藤嘉明さんが藤堂高虎さんと色々な因縁の末、
松山城完成間近に転封されたという話を書いたが、その転封先というのががここ。
元々は葦名氏が作って、伊達政宗→上杉景勝→蒲生氏郷と錚々たる顔ぶれに続いたんだが、
ジミーさんは結局こっちに来てから4年くらいで亡くなってしまった。
ただ・・・次の藩主になったジミーさんの子が色々狼藉をやらかして近江へ減転封されちゃったという…
最終的にここに来たのは、德川秀忠さんの子で、家光さんの異母弟にあたる保科松平家。
ただ、会津藩は幕末の戊辰戦争の時にかなりしぶとく抵抗したので
松平家は青森の斗南藩に飛ばされちゃって、色々苦労してる。

で、お城の方も戊辰戦争の際に大砲で撃ちまくられて
↓のように無残な姿になった末に明治7年に取り壊された。

画像


まあ何だ、戊辰戦争の因縁で会津側から見た新政府側、
特に長州に対しては「許さん」って感情がまだあって、萩市から会津若松市に
姉妹都市を申し入れたら断られたという有名な話もあるし、
逆に「八重の桜」が放映された時には、逆に長州側が「俺ら悪者にされ過ぎ」と
NHKに噛みついたなんて話もあるし、まだまだ何かと難しいって事のようだ。

ただそのねえ・・・部外者の視点では
「100年以上前の事にいつまでもこだわるな」という長州の言い分も分かるし、
「やられた方は忘れないんだよ」という会津の言い分もまた分かるんだよねえ・・・
昔、何かの本で読んだ「この件については風化させなくてもいい」てのが正解なのかもな。

しかし何だな…前に熊本城をはじめいくつか清正さんと縁のあるところばかりに行ってて
「清正公、今年はよくお会いいたしますなあ」と銅像に挨拶したことがあるが、
今年はジミーさんと何かと縁がある年みたいだなwww

(続く)



【会津本郷焼】流紋焼 飯碗 古赤 (小)
株式会社 流紋焼

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 【会津本郷焼】流紋焼 飯碗 古赤 (小) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【会津本郷焼】流紋焼 飯碗 ブルー (小)
株式会社 流紋焼

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 【会津本郷焼】流紋焼 飯碗 ブルー (小) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【会津本郷焼】流紋焼 飯碗 白マット (大)
株式会社 流紋焼

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 【会津本郷焼】流紋焼 飯碗 白マット (大) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント