みかん県にも行ってきた Part8

旅行最終日。

例によって6時頃に起きてテレビで見ると、結局台風は大した影響なかったみたいで。
一時の俺は「嵐を呼ぶ男」扱いだったが、
今回はむしろ無闇にカンカン照りの暑さを呼んでいる気がするな。

どっかの元テニス選手か、俺はwwww

まあともあれ、一風呂浴びてから朝飯。
ここも朝食バイキングではなく定食だった。
(サラダと飲み物だけは取り放題だったけど)
味噌汁、焼き海苔、焼き魚、漬物、そしてじゃこ天。
まあ…道後の飯は旨すぎたが、これはこれで旨かった。
俺はラッキョ以外なら結局何を食っても旨いだけなのかも知れんけどさw

んで、今日も9時半頃に出撃。
見ると、駅前に牛の像と機関車が。

画像


画像


えーっとなんだ…宇和島の闘牛は有名だし、まあ牛は分かる。
機関車は何でやねんと思ったら「鉄道唱歌」の作詞者が宇和島の人だったのね。
アレ、全部で374番あるらしいけど、よくよく考えれば一人で全部作ったって凄えな。
元祖鉄ちゃんはまず間違いなくこの人だろうなww

あ、そいや闘牛で思い出したのだが、アレはいつもやってる訳じゃなく、
基本は年に5回くらいの定期戦しかやってないのね。
お金払えば「観光闘牛」てのもやってくれるけど、さすがに一人で払うのはきつい金額。
(絶対に払えないって額でもないけど)
ただ、人数が集まれば一人頭はかなりお安くなるので、社員旅行とかで行くのなら検討しても良いかも。
(ま、ウチの会社の連中は近場の温泉の方が好きらしいので、宇和島はなさそうだけど)

ともあれ、駅から歩いて宇和島城へ向かう。
10分ほど歩いて…入口にたどり着いた。

画像


ちなみにこの門は「藩老桑折氏武家長屋門」というらしくて、
家老の家の門を移築してきたものだそうな。
で、とりあえず門をくぐって登城開始。

…うわあ。

画像


画像


公式サイトでは
「苔むした石垣群と織り成す幽玄の美の世界は、一見の価値があります」とか書いてあるけど
物は言い様ってやつで、言っちゃ悪いが整備してないだけな気がするのは俺だけか?
足元悪くて少々危ないぞ、これ。
…で、えっちらおっちらと上がっていって…天守閣前に出る。

画像


つかその、観音寺、湯築城、松山城、んでもってここ、
どうも今回は坂だの石段だのばかり上ってる気がするなw
(城めぐりしてんだから当たり前だ)
道後温泉に浸かりまくって少し落ち着いてた膝がまたちょっと悲鳴を上げ始めたわけだが、
とりあえず一服入れつつ景色などを。絶景かな、絶景かな。

画像


いやまあ、こういう景色を見るとしんどい思いをしてきた甲斐あるねえ。
とりあえず息も整ったところで現存天守10城目、参りますかね。

画像


(続く)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント