みかん県にも行ってきた Part3


夜中まで風呂に入ったり出たりを繰り返してたのだが、
風呂場の掃除の時間になったので、寝る。

…で、朝5時半に起きたわけだが、こんな時間に起きて何するんだと言えば…

朝風呂に行くwww

比喩ではなくホントに温泉漬けだ。
ただ、やっぱみんな同じ事を考えるみたいで6時を回る頃には混み混みになった。
気持ちはよーっく分かるがw
風呂から出てきたのが6時半ちょっと前だったのだが、朝飯は7時半からとのことなので
ちょっと仮眠してから8時過ぎに食いに行く。
ここもちゃんとした朝定食で、おかずもだけどご飯が旨い。
いやー、ここのホテルには最後までホントに良い思いさせて頂きました。感謝であります。

・・・で、名残は惜しいが9時半頃に出立。
今まで色々なとこに行って、色々なホテルや旅館に泊まってるが、
ここにはいつかまた来たい。いやかなりマジに。

んで、まずは道後温泉本館の横にある「玉の石」というのにお湯を掛けてナムナム。
昨日は何かここの前に人がたまってて、何があるのかと思ってんだな。

画像


そのまま道後温泉駅に行くと、昨日は留守だった「坊ちゃん列車」が止まってる。

画像


…ただこれ、蒸気機関車のように見えるが実はディーゼル。
まあ、確かに今時街の中で蒸気機関車走らせたら煤煙でえらい事になるだろうし
(結構住宅地の入り組んだところも走ってるんだな)
事情は分からんでもないのだが、正直ちょっとどうなんだろうとも思ふ。
つか、道後温泉本館の中の「坊ちゃん泳ぐべからず」の看板なんかもそうなんだが、
ちょっとあざとい方角にズレてる気がしてならんのよ。
お土産の「坊ちゃん団子」なんかはまだいいんだけどさ・・・
まあ、夏目漱石は子供の頃から好きな作家の一人ではあって、
そのせいもあるのかも知れんが、なーんか違和感があって仕方がない。

ともあれ、坊ちゃん列車は置いといて一度松山駅に戻って荷物をいつもの通りコインロッカーへ。
駅からは今度は自分の足でトコトコ歩いて、次の目標松山城に向かう。
それにしても、愛媛県庁もまた随分貫禄のある建物だな。

画像


昭和4年の竣工で、設計協力に・・・内藤多仲??
おおお。東京タワーの内藤博士か。色々やっておられたのだな。

で、県庁を横に見ながらさらにもうちょっと歩いて…松山城ロープウェイに到着~。
まあ…130mくらいの山だし、さっきの県庁裏から歩いて登るという手もあったのだが、
実は観音寺の石段の時に膝が痛くなってからちょっと変な歩き方になってるようで
左脚の方もギシギシ言い始めてて、坂登りはちょっと不安なのよね。
(だったら街の中も歩いてねえでバスなり路面電車に乗れって話だがw)

画像


で・・・ロープウェイの切符売り場の方へ向かってたら、いきなりこんなもん発見。

画像


クッソワラタwwwwwww

ネタを逆手に取ってのこういう発想、個人的にはとっても好きだぞw
松山の人侮り難しww
いやー、今回色んな意味で面白い旅行だわーw
(続く)





【坊っちゃん】本場じゃこ天セット
四国松山・市駅前 木村蒲鉾店

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 【坊っちゃん】本場じゃこ天セット の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

坊っちゃん (集英社文庫)
集英社
夏目 漱石

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 坊っちゃん (集英社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント