うどん県に行ってきた Part5


と言うわけでうどん県2日目…まずはホテルで朝飯。
まあ、バイキング形式で色々食えるわけだが…ここはやはりまたうどんを食うw
んー…どっちか言うと昨日の昼のがうまかったかなw

で、9:30にチェックアウトして高松駅のコインロッカーに荷物を押し込んで
高松からちょっと東の屋島に行く。
源平合戦の終盤、一ノ谷から叩き出された平家が次の拠点にしたところで、
中学だか高校だかで古文の時間に出てきた、那須与一の「扇の的」の舞台でもあり。
ちなみに、高松からだと琴電志度線かJR高徳線で屋島の駅まで行けば
駅から山頂までバスが出ている。

で、JRで行くかと高松駅で切符を買った所までは良かったのだが・・・
ここで、東京で中央線とかに乗るときと同じ感覚でさっさと改札を通ってしまった。
ところがその何だ、高徳線は中央線のようにすぐには電車が来ない訳でそのあのこのw

画像


画像


ヒマなんで電車の写真とか撮ってた訳だが、
似たようなポカ、前回も宇多津駅でやってた様な覚えが…

俺は何をやっているんだ、再びwww

ともあれ、30分ほど電車を待って、屋島へ。

画像


駅に着くと既にバスが待っていて、特に問題無く。
ただその、来る前に調べた際にちょっと気になってたのが
現在の屋島は観光客の減少がえらい事になっていて
なまじ、かつてはそこそこの観光名所だっただけに廃墟化がえらい事になっておるとか。

俺の場合、まあ色々なとこに行ってはいるけど廃墟探索の趣味はないので
廃墟しかないような所だったらちょっと嫌だなと思ってたんだが・・・そんなことはなかったぜw
まあ、一時はマジに深刻化してたようで、廃墟マニアなヒトらの探索日記が大量にあるようだが、
現在は廃墟化してた建物はあらかた撤去されてるみたいだ。
(参考):http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/file/21648_L14_sankou5.pdf
まあ、その代わり(?)現在は空き地がだいぶ目立つ状況な訳だが、
その辺はこれから考えていけばいいと思うし、少なくとも廃墟が立ち並んでる状態よりは良いとは思う。

ともあれ…屋島山頂の駐車場よりちょっと歩くと、屋島寺。
四国霊場第84番札所にて、開基はあの鑑真和上。

画像


画像


画像



俺の場合はお遍路周りしてる訳じゃないのだが、
一応、売っていた線香を買って手を合わせておく。

んだが・・・会話の内容からどっかの会社の社員旅行だと思われるのだが、
後から来た集団が大騒ぎしながら見て回って大騒ぎしながら通り過ぎていくわけだ。
まあそのねえ・・・いい大人に今さら言うべき事ではない気もするけど、
やっぱ、場所だけはもうちょっと弁えた方が良いと思うんだ。
移動中のバスの中や夜の宴会などは思う存分騒いで貰って良いと思うが、
少なくとも寺社の境内は騒ぐところではないと思うんだが、どうね?
つか、お遍路回りしてると思しき外人さんがちょっと呆れてたぜ。

で、この集団がいささかうるさいのでちょっと横道にそれてやり過ごすことにする。
途中の展望台からみた景色。

画像


おお、いいねえ。
しばし一息がてら景色を見て、次へ向かうべし。
(続く)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント