ヤバいでしょこれは

先週末だか、評論家の副島隆彦なる人が
「野村證券すぐに潰れる」とか書いて、色々騒ぎになってるようで。
まあその・・・確かにかつての山一証券の例もあるし、
野村も最近色々怪しい気配はあるんだけど、
上場企業の実名出して「潰れる」と言い出すのはヤバいだろこれ。
ちなみにご本人「憲法21条の言論の自由の強さを知るべきである」と吠えてるようだが
憲法持ち出すなら第12条の
「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、
 これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、
 常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ」
てのがあって、どう考えても公共の福祉の為には利用してるとは思えんw

とまあ、法律論は置いとくとしてもだ…この副島さんって人、
言ってることが少々ぶっ飛んでるんだよなあ。
「この10年間に行った近未来予測を私は全く外していない。
 いや、すべて当ててきたと断言する」とか言ってるし…
(元ネタ:http://blog.livedoor.jp/nnnhhhkkk/archives/65355962.html)
どんな事柄についての予測であれ、神ならぬ身の人が予想する時点で
100%的中なんてのは基本的に有り得ないわけで、この時点で相当に胡散臭い。
(ま、自分を神様だとか言い出したら別の意味で胡散臭くなるけどw)
で、極めつけに「アポロ陰謀論」とか今だに言ってるみたいで
「と学会」あたりからもいいネタにされてる人のようだ。

どうもよく似た人を最近見たような気がしたと思ったら、
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」の
作者の岩崎夏海という人。この人も、
「このマンガ版『もしドラ』が完成した暁には、このマンガがすごい!」を初めとする
 マンガ賞の数々を総なめにすることは必定であり、
 もしそうならない場合には、このブログにおいてこの作品に賞を与えなかった人々を、
 可能な限りとことんまで糾弾していくことをここにあらかじめお約束しておきます」
とか、
「なぜ ぼくのことをスティーブ・ジョブズのような人間だと思わないの?」
「ぼくのことをすごいとは思わないの?」
「ぼくを本物だとは思わないの?」
などと書いてて、似たような周波数の電波を感じる。

…いやまあ、自分に自信を持つってのは大事な事だってのは分かってるんだが、
ここまで来ると何かが違うもののように見えてしまう訳でw

ともあれ、話を元に戻すが、7~8年くらい前に「佐賀銀行が潰れる」という
チェーンメールが原因の取り付け騒ぎがあって、
メールを出した人が信用毀損で書類送検されてるという例もあるし、
今回も似たような判例が適用されて終わりって気がするけどな。

この顛末がどうなるのか、ちょっと興味深く見物させて貰うとするかね。
はてさてどうなりますやらw




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント